生きた細菌やウイルスを元にして作られる

病気や様々な疾病の原因は多岐に渡っていますが、その中にも感染症というものがあります。

ウイルスや細菌が原因となって引き起こされる症状で、これらの治療や予防として使われているのがワクチンです。

感染症の原因となるウイルスや細菌に働きかけて、感染症にかからないために予防として体に免疫力をつけるために使われています。

ワクチンには三種類のものがあります。

まず、生きた細菌やウイルスを元にして作られた生ワクチンがあります。

ウイルスや細菌の病原性を極力抑えたもので、自然感染した時と同じような免疫力をつけることができます。

ロタウイルスや風しん、はしかやおたふくかぜなどに使用されます。

また、不活化ワクチンというものがあります。

細菌やウイルスの病原性を完全になくして作られたものです。

1回では充分な免疫力を作ることができないため、何回かに分けて接種する必要があります。

回数や接種のために開ける期間などは、種類によって異なっています。

代表的なものには、インフルエンザやB型肝炎、百日せきなどがあります。

不活化ワクチンの一種ですが、細菌の毒素を取り出して毒性をなくして、免疫力を作ることができるようにしたものです。

代表的なものには、ジフテリアや破傷風などがあります。

ワクチンを接種する意味とは、自分が感染症にかからないように予防するためと、もし感染しても軽症ですむようにするため、そして、人に移したりしないために接種する必要があります。

学校や職場、商業施設など、人が大勢集まる場所というのは、日常生活の中に幾つかあります。

その分、感染症にかかるリスクもあるため、ワクチン接種して自己防衛をあらかじめしておく必要があります。

また、普段の生活の中でも、感染症予防としてできることがあります。

ウイルスや細菌は手についたものが口から侵入してきたり、鼻から侵入する場合が多いため、体の中に入れないという予防策が有効です。

手軽な方法としては、手洗いとうがいの励行です。

手についたウイルスをしっかりと洗い流すためにも、石鹸などで手を洗って、指の間や爪の間、そして手首もきれいに洗うのが大切です。

うがいは粘膜を清潔で健やかに保つ事ができて、喉の粘膜から入り込んでくるウイルスや細菌を減らすことができます。

感染症にかからないようにするためにも、適切な時期にワクチン接種を行なって、日頃の予防策を講じるというのが大切です。