症状が悪化すると命の危険が伴う

病原性のある細菌やウイルスが体内に入り込んで増殖すると、感染症になります。

感染症になると、細菌やウイルスを排除しようとする免疫力が働き、それにより高熱やセキなどの症状が出てきます。

細菌やウイルスが増殖することで初めて、免疫力が働くようになるのです。

そして増殖すればするほど、排除するための免疫力が強く働くようになり、強い症状が出てくるようになります。

増殖の勢いが強いと、かなりの高熱が出て、それによる後遺症が残ってしまうこともあります。

しかしあらかじめ、細菌やウイルスに対抗する免疫力をつけておけば、増殖はしにくくなります。

そしてそれを可能にするのが、ワクチンです。

ワクチンは、病原性のある細菌やウイルスから作られています。

その病原性を、感染症を発症しない程度に弱めたものが、ワクチンです。

それを体内に注入すると、感染症にはならないものの、それに対抗する免疫力は働くようになります。

免疫力が働いていれば、本物の細菌やウイルスが侵入してきたとしても、すぐに免疫力が撃退してくれます。

つまり増殖せずに済むわけです。

増殖したとしても、勢いがないため、あまり強い症状は出ません。

ただし、病原性を弱めているとはいっても、もとは細菌やウイルスですから、接種することで免疫力が過剰に働いてしまい、副作用が出ることがあります。

微熱が出たり、接種した部分がかゆくなったりするのです。

中には、アナフィラキシーショックを起こしてしまう人もいます。

そのためワクチンには、不活化ワクチンというものもあります。

これは、細菌やウイルスを完全に無毒化して作られたものです。

生きた細菌やウイルスを使った生ワクチンと比べると効果が低いのですが、安全性は非常に高く、副作用も少ないです。

ただし一度の接種では、免疫力が十分に高められなかったり、年月を経ることで失われたりするため、何度かの接種が必要になります。

それに対して生ワクチンの方は、副作用が出る可能性はありますが、一度の接種で長く免疫力を保つことができます。

いずれの場合も、感染症の予防には非常に有効です。感染症が重症化すれば、命が失われてしまうこともあります。

特に小さな子供や高齢者の場合、そのリスクは高いです。

少子高齢化が進んでいる昨今では、少なくなった子供をさらに減らさないようにするために、社会の約4分の1を占めている大勢の高齢者を守るために、安全性のより高いワクチンの開発が積極的におこなわれています。